› goen 雨のち晴レルヤ › 読書 › 9月の読書と新刊

2013年10月01日

9月の読書と新刊

2013年9月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1986ページ
ナイス数:320ナイス

手のひらの砂漠手のひらの砂漠感想
こういう精神状態はホント怖いとしか言いようがない。閉鎖的な家庭という場において日常行われるDVはエスカレートする一方だろう。そこから抜け出す勇気と手を差し出してくれる人がいて、戻る場所がある、居場所があるということの精神的安定がどれほど支えとなるか。それにしても怖すぎる話だった。
読了日:9月17日 著者:唯川恵


図書室のキリギリス図書室のキリギリス感想
実在の作家さんや書籍も話題に出てきたので早速数冊図書館で予約した。図書館司書という設定も興味深かったし、なかなか面白い作品だった。
読了日:9月13日 著者:竹内真



共震共震感想
フィクションかノンフィクションなのかわからなくなるくらい東日本大震災に思いを馳せた小説だった。読みながらも自分がいかに傍観者であるかを思い知らされた作品だ。
読了日:9月11日 著者:相場英雄



政と源政と源感想
味のある政と源。面白くスラスラ読めた。戦争で家族を失った源 が、家族を持ちたいと深く思い続けていたくだりにはぐっと来た。政が今までの家族の在り方を回想して一歩踏み出すが、読者が思い描いているであろう形には収まらず、違う形ではあるが良い方向へと向かったまとめ方が絶妙だった。
読了日:9月9日 著者:三浦しをん


ララピポ (幻冬舎文庫)ララピポ (幻冬舎文庫)感想
この手の小説もたまには面白いな。さみしい人の集まりだった。奥田さんはどの分野を書かせても上手い!!
読了日:9月6日 著者:奥田英朗




バイバイ、ブラックバード (双葉文庫)バイバイ、ブラックバード (双葉文庫)感想
どうしても腑に落ちない作品だった。ところが、友人は凄く面白かったという。感想はそれぞれだから気にせずいこう
読了日:9月3日 著者:伊坂幸太郎

読書メーター


本読書中の本
東野圭吾・・・祈りの幕が下りる時

本図書館貸出し中の本
アンドレーア・ケルバーケル/著   望月 紀子/訳・・・小さな本の数奇な運命
はらだみずき・・・ぼくの最高の日

本図書館待機中の本
穂村 弘・・・絶叫委員会
椰月 美智子・・・その青の、その先の、
松浦弥太郎・・・最低で最高の本屋
篠田節子・・・ブラックボックス

本図書館予約中の本
薬丸岳・・・友罪
今野敏・・・宰領 (隠蔽捜査5)
吉田修一・・・愛に乱暴 
原田マハ・・・ユニコーン―ジョルジュ・サンドの遺言
宅間孝行・・・くちづけ
芦原 すなお・・・オカメインコに雨坊主

ノート気になる新刊情報
家族の見える場所
森 浩美
双葉社
発売予定日 2013年10月15日

電気ちゃん
楠 章子
毎日新聞社 (2013/9/21)
発売日: 2013/9/21

悪いものが、来ませんように
芦沢 央 (著)
発売日: 2013/8/30

失敗屋ファーザー!(仮)
樋口 卓治
出版社: 講談社
発売日: 2013/10/4

蛇行する月
桜木 紫乃
双葉社
発売日: 2013/10/16


晴れ余談晴れ
東野さんの新刊が貸出し開始になりましたね。
現在は260人待ち状態ですが
私は、な・な・なんと今回も1番で借りることができましたキランしっしっし
少し本来の目的からずれてる感も否めませんが
せっかくなので、いろいろな楽しみ方をしま~~す手のひら

途中で断念した本があります汗
面白くないことはなかったのですが、
600ページ近い長編で医療ミステリー
一気読みできない私は内容が!?となってしまい断念下矢印
結構な日にちを費やしてしまいました汗
そこで、わかったことは
私の傾向としては長くても350ページが限界かも笑顔汗
と、思いつつ東野さんの長編600ページ物が出たら
やっぱり読むよな!!

10月も面白い作品に出会えますよにしあわせ



同じカテゴリー(読書)の記事画像
BOOK FOR TWO POST~スタバ~
シフォンケーキ納品と読書
シフォン納品と8月読書
シフォンケーキ臨時納品と読書
2人用バースデーケーキと直木賞
シューデコレーションとオススメ本
同じカテゴリー(読書)の記事
 BOOK FOR TWO POST~スタバ~ (2017-12-16 10:13)
 シフォンケーキ納品と読書 (2017-12-12 09:28)
 シフォン納品と8月読書 (2017-09-02 10:13)
 シフォンケーキ臨時納品と読書 (2017-08-13 10:06)
 2人用バースデーケーキと直木賞 (2017-07-25 12:21)
 シューデコレーションとオススメ本 (2017-07-23 12:47)

Posted by おちゃめmama at 12:00│Comments(6)読書
この記事へのコメント
図書館博士みたいな人だねぇ。
でも何でも1番はやっぱり、嬉しいよ。
昔の人間にはね。笑

今の子たち、テストの順位でも、何でも勝負ってしないらしい。
50番まで貼り出しとかしないらしい。
だから、1番もドンケツも同じなのかもね。

豊子さんが死んで、また大地の子が放映されるかな。
Posted by 無有のかぁちゃん無有のかぁちゃん at 2013年10月01日 13:15
今月も気になる本が・・。上、二冊、予約しました。
先月のは、まだ、来ていません・・・。

そういえば、中学のとき、月の貸し出し、ベスト3くらいまで、張り出されていたのですが、常連でした。(小さい中学でしたが)
Posted by 千代子。千代子。 at 2013年10月01日 17:49
>無有のかぁちゃんさん
「大地の子」はNHKで観て
それはそれは泣きました(涙)
再放送してほしいです!!

「沈まぬ太陽」は映画館で観ましたが
途中休憩が入るほど長い映画は
初でした^^;

惜しい人を亡くしましたね。
ご冥福をお祈りします。
Posted by おちゃめmamaおちゃめmama at 2013年10月01日 23:02
> 千代子。さん
今回も予約してくださったなんて
うれしいです^^

もしかして、月初め楽しみにしてくださってるのかなって
勝手に舞い上がっています^^

よし、よろしかったら好きな作家さんと
好きな作品教えて下さい。

そうそう、「図書館のキリギリス」をチョイスされたのなら
瀬尾まいこさんの「図書館の神様」もいいですよ!!
読んでみたくなる本が出来てきます^^
Posted by おちゃめmamaおちゃめmama at 2013年10月01日 23:06
自分だけだと、本がマンネリになるので、ほかの人の本も気になります。
好きな作家は色々ありますが、最近注目は、朝井まかてさんです。江戸末期から明治にかけての作品ですが、どれもよいです。
小路幸也さんは娘の影響で。好き嫌いの分かれる三崎亜記さん。人気作家で、有川さん、宮部さんも好きです。
http://ameblo.jp/cyoko-cyoko/
こちらのブログの本のことで、読んだ本を紹介しています。(8月までですが)
ほんとに覚書だけなので、感想は期待しないでください。
Posted by 千代子。千代子。 at 2013年10月02日 17:20
>千代子。さん

時代小説はなかなか手に取りませんが
高田郁さんの「みをつくしシリーズ」はかなりオススメです!!
朝井まかてさん今度読んでみますね。

ブログも拝見しました。
共通の作家さんもいてうれしいです。

私、感想がホント苦手なんですよねぇ
覚書程度のことしか書けません^^;
それでも、書かないよりましか!!と
記憶媒体として利用しています。

色々読書談義したいですね。
是非、読書会参加しませんか^^
Posted by おちゃめmamaおちゃめmama at 2013年10月02日 22:46
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。